消費者契約法

消費者契約法について

消費者契約法とは、消費者と事業者の間で、情報の質や量、交渉力の格差から生まれるトラブルなど、消費者が商品やサービスを巡るトラブルから守る事を目的とした民事ルールのことを指します。
消費者契約法を詳しく説明すると
消費者と事業者の間に結ばれるすべての契約(労働契約を除く)において、消費者は、次の場合に契約を取り消すことができます。
【不実告知(4条1項1号)
契約内容の重要な事項について、事実と異なることを告げられた場合。
【断定的判断の提供(4条1項2号)】
将来の変動が不確実なものなのにもかかわらず、「絶対儲かります」など確実な情報として告げられた場合。
【不利益事実の故意の不告知(4条2項)】
契約の有利な点ばかりを強調し、それを聞いていなかったら契約しないような不利になる事実を事業者が故意に隠し、告げなかった場合。
【不退去(4条3項1項)】
自宅や職場に事業者が居座りを続け、帰って欲しいという意思表示をしたのに帰らないで困って契約した場合。
【監禁(4条3項2項)】
営業所などで、消費者が帰りたいと言っているのに、事業者が帰らせてくれず困って契約した場合。
インターネットでの場合は『電子消費者契約法』というものがあり、パソコンやモバイル、スマートフォンなどで、インターネット上の契約に対して、勘違いや、錯誤による契約から消費者を守る法律。
消費者が勘違いや間違いを起こさないように、事業者は商品やサービスの用途について詳しく説明する必要があり、事業主側に適切な措置が無い場合、商品社の誤解や勘違いであっても、契約を無効にすることができるのです。
出会い系サイトやアダルトサイトによる、ポイント料金の課金や、入会金、ワンクリック、架空請求などのトラブルも、利用者側に、適切な説明や詳細など措置を行なっていない場合は、法律上で無効、対処が行なう事が可能です。

おすすめ出会い系紹介

ワクワクメール
スウィートライン
PCMAX
スイートコール
ツーショットテレクラ

【注意】悪徳サイト一覧

  • SMASH
  • ガールズストリート
  • マッチコム エキサイト
  • モバLINE
  • ふりコミュ
  • キュートロイヤル
  • メルフレ
  • JURIUS
  • スイートルーム
  • モンスターデイ
  • ご近所IN
  • ガールズジェネレーション
  • ピュアサーチ
  • ラブゲーム
  • スイートメモリー